トピックス

  1. HOME
  2. トピックス
  3. 10月12日以降の法科大学院授業等について
2020.10.13NEW

10月12日以降の法科大学院授業等について

法科大学院生および教職員・関係者の皆様

  「新型コロナウイルス感染症に対する本学の行動指針(レベル)に引き下げにについて」<命ファースト>【10月12日】が提示されたことを受け、法科大学院における10月12日以降の授業形態等を次のとおりといたします。
 法科大学院授業の運用は、本学の学修にかかる運用方法統一の観点から、原則として学部授業の提供形態に準じますが、法科大学院独自の運用を実施する場合があります。また、本学の危機レベルによる行動指針に応じて取扱いを緊急に変更する場合があります。
 【授業形態について】
 授業・教育活動における基準(クラスI)は変更ありませんので、10月12日以降の授業も、原則として遠隔授業により実施いたします。
 ただし、土曜日の授業は特別な理由により対面授業を可とします。
 また、9月24日以降の対応として9月23日に提示したFUポータルのおしらせの内容を継続いたします。
   ※ Webexを用いて同時双方向のリアルタイムで行う授業(インターネット環境を用いたリアルタイム配信型)
 【学内入構制限について】
 学内入構は、本学が提示する危機レベルによる行動指針に基づきます。10月12日よりレベルIに引き下げられ、入構制限(自粛要請)は解除されますが、入構の際は各自徹底した感染防止対策を講じてください。
 法科大学院棟は、徹底した感染拡大防止策を講じることを前提に利用を認めます。詳しくは、9月21日及び9月23日に提示したFUポータルのおしらせをご参照ください。

(問合せ先)
 法科大学院事務室
 houka@adm.fukuoka-u.ac.jp <