1. HOME
  2. 訪問者別メニュー
  3. 社会人の皆さまへ

社会人の皆さまへ

「どうしても学生時代の夢、法律家になることをあきらめきれない」「仕事をしていると、法律の重要性を痛感する」「この社会経験を弁護士の仕事に生かし、困った人を助けたい」...そのような気持ちを持った社会人の方々が、福岡大学法科大学院から巣立っていき、社会経験を生かし、建築関係のトラブルを得意とする弁護士、IT関係を得意とする弁護士などとして活躍しています。
また、弁護士にならなくても、元の職業に戻り、法律の知識を生かして、より大きな社会貢献をしている方もいます。

本法科大学院では、法律、あるいは、勉強というもの自体から離れて久しい社会人経験者に対しても、細やかな指導をしていきます。

社会人経験のある入学者は、平成30年度に2人、平成31年度に4人、令和2年度4人と、徐々に増加しています。

ただ、仕事をしながら法科大学院で勉強し、3年間で卒業するのはとても大変です。
仕事と両立したい方のために、本法科大学院では、長期履修制度(昼間・夜間)があります。

長期在学履修制度について

長期在学履修生(夜間コース含む)入学者は、平成30年度に1人、平成31年度に2人です。

  1. 社会人の皆さまに寄り添った学修制度
    本法科大学院では、標準修業年限の3年間を超えた履修計画を有する方について、5年間での課程修了を認める長期履修制度を設けています。
  2. 全国でも数少ない夜間コースの開設
    地域社会で現に活躍されている社会人の方々に対しても、法曹へのチャンスを提供するという観点から平成28年度に夜間コースを開設しました。

社会人関連ページリンク