1. HOME
  2. 教育内容
  3. 長期在学履修制度(昼・夜)

長期在学履修制度(昼・夜)

本法科大学院では、入学時に就業している、または入学後に就業する等の理由により、標準修業年限の3年間を超えた履修計画を有する方について、5年間での課程修了を認める長期在学履修制度を設けています。
長期在学履修制度は、未修者コース(標準修業年限:3年間で課程修了)のみ適用されます。履修の申し出等の詳細は学生募集要項にて必ずご確認ください。出願前に制度の説明を希望される場合はご相談ください。

夜間コース

本法科大学院では、全国で数少ない「夜間コース」を設けています。夜間コースは、長期在学履修制度を利用して夜間(月~金曜日の6時限・7時限)に開講の授業科目を5年間で履修することによって、所定の98単位以上を修得し課程を修了することができます。

長期在学履修とは(昼間または夜間開講)

未修者コースの授業科目を5年間で履修することによって、所定の98単位以上を修得し課程を修了することができます。
入学前の所定の期日までに履修計画書等を提出することにより、昼間または夜間での履修を決定します。
※一部、昼間・夜間合同の開講科目があります。(6時限)

1時限 9:00〜10:30 昼間 昼間 昼間 昼間 昼間
2時限 10:40〜12:10
3時限 13:00〜14:30
4時限 14:40〜16:10
5時限 16:20〜17:50
6時限 18:30〜20:00 夜間 夜間 夜間 夜間 夜間
7時限 20:10~21:40 夜間 夜間 夜間 夜間 夜間

履修期間/授業科目履修イメージ

標準修業年限3年間の内容を5年間かけて学びます。

おおよそのイメージですが、長期在学履修では、標準修業年限3年間のカリキュラム(以下、「3年コース」と記載します。)の1年次内容を1・2年目で学び、3年コースの2年次内容を夜間コースでは3・4年目で学び、3年コースの3年次内容を5年目で学ぶことになります。詳しくは、「長期在学履修制度:履修モデル」を参照してください。各学年の各学期で必要な科目・単位数が記載されています。

※同モデルはあくまでも一つのイメージ例であり、実際の履修科目等は、入学後に学年ごとに確定していきます。

夜間コース履修モデル

長期在学履修制度 授業科目履修イメージ

  • 下記は、長期在学履修制度(5年間)での授業科目履修イメージです。
  • は必修科目、は選択必修科目、黒字は選択科目
単位:2単位(但し、「判例講読」、「刑事実務演習」は1単位、「特別演習IB・IIB・IIIB」は4単位)

1・2年目

法律基本科目

【基礎科目】

  • 憲法Ⅰ(統治機構論)
  • 憲法Ⅱ(基本的人権論)
  • 行政法Ⅰ(行政過程論)
  • 民法Ⅰ(総則)
  • 民法Ⅱ(物権法)
  • 民法Ⅲ(担保物権法)
  • 民法Ⅳ(債権総論)
  • 民法Ⅴ(契約法)
  • 民法Ⅵ(不法行為法)
  • 民法Ⅶ(家族法)
  • 民事訴訟法Ⅰ
  • 刑法Ⅰ(総論)
  • 刑法Ⅱ(総論・各論)
  • 刑法Ⅲ(各論)

【入門科目】

  • 法律基本演習
  • 刑事訴訟法入門
  • 裁判制度概論
  • 判例講読
法律実務基礎科目
  • 法情報・法文書入門
基礎法学・隣接科目
  • 紛争処理の法理論
  • 法社会学
  • 法と企業会計
  • 法と行政
  • 法と情報
  • アジア法制度論
  • 法と医学
  • 外国文献講読

3・4年目

法律基本科目

【基礎科目】

  • 行政法II(行政救済論)
  • 商法
  • 会社法Ⅰ(企業統治)
  • 会社法Ⅱ(企業金融)
  • 民事訴訟法Ⅱ
  • 民事訴訟法Ⅲ
  • 刑事訴訟法Ⅰ
  • 刑事訴訟法Ⅱ

【応用科目】

  • 民法演習Ⅰ
  • 民法演習Ⅱ
  • 民法演習Ⅲ
  • 憲法演習Ⅰ
  • 行政法演習Ⅰ
  • 民法演習Ⅳ
  • 民事訴訟法演習
  • 商法演習Ⅰ
  • 刑法演習
法律実務基礎科目
  • 法曹倫理
  • 民事実務基礎論
  • 刑事実務基礎論
  • 刑事実務演習
展開・先端科目
  • 倒産処理法Ⅰ
  • 倒産処理法Ⅱ
  • 国際私法Ⅰ
  • 国際私法Ⅱ
  • 国際公法
  • 経済法
  • 環境法
  • 労働法
  • 労働法演習Ⅰ
  • 労働法演習Ⅱ
  • 租税法
  • 知的財産法
  • 民事執行・保全法
  • 民事執行・保全の実務
  • 医療福祉と人権
  • 環境訴訟の実務
  • 保険法
  • 交通事故賠償論
  • 自治体法務論
  • 社会保障法
  • 刑事弁護論
  • 実務刑罰論
  • 子どもの権利
  • 都市法
  • 銀行取引と法
  • 消費者法
  • 展開・先端系演習Ⅰ
  • 展開・先端系演習Ⅱ
  • 展開・先端系演習Ⅲ
  • 特別演習ⅠA
  • 特別演習ⅠB
  • 特別演習ⅡA
  • 特別演習ⅡB
  • 特別演習ⅢA
  • 特別演習ⅢB

5年目

法律基本科目

【応用科目】

  • 総合演習Ⅰ(民事法)
  • 総合演習Ⅱ(公法)
  • 総合演習Ⅲ(刑事法)
  • 憲法演習Ⅱ
  • 行政法演習Ⅱ
  • 商法演習Ⅱ
  • 刑事訴訟法演習
法律実務基礎科目
  • 民事実務演習
  • 家事事件処理手続論
  • 民事紛争処理手続論
  • 企業法務論
  • リーガル・クリニック
  • リーガル・コミュニケーション演習
  • エクスターンシップ

学費の納入

学費は、「3年(標準修業年限)」の授業料および教育充実費を、5年間で分割して納入していただくこととなります。但し、入学金および委託徴収金については分割納入の対象外です。また、5年間で修了できなかった場合は、6年目以降の授業料および委託徴収金は分割納入できません(年間の学費:60万円、教育充実費:12万円)。

定期試験

定期試験は、長期在学履修の学生(夜間コースの学生を含みます)も、標準修業年限の学生と同じく、同一条件(同一問題、同一試験時間等)で実施します(現在のところ、昼間コースの時間帯で実施予定です)。

長期在学履修(夜間コース)の学生の声

H・K さん 出身大学・学部 立命館大学・法学部 夜間コース 3年目

私は、日中仕事をしながら、本学夜間コースに通っています。九州初の夜間コースが開設されたことにより、仕事と通学の両立が可能になりました。また、入学前に授業体験や施設見学をし、入学したいとの想いを強くしましたが、入学後に改めてその素晴らしさを実感しています。本学には、司法試験合格に向けた質の高い少人数教育、修了生の弁護士や事務室による様々な支援、充実した施設など学修のための必要かつ十分な環境が整っており、後は自らが目標に向かってひたすら努力するだけという贅沢な場所が待っています。
本学で、志ある仲間と共に法曹を目指しませんか。

  • 05:00 起床、朝食
  • 05:45 出勤
  • 06:30 自習(行政救済論の予習)
  • 08:30 仕事(地方公務員)
  • 17:15 退勤
  • 18:15 登校、夕食
  • 18:30 授業(行政救済論)
  • 20:00 授業終了、下校
  • 21:00 帰宅、入浴
  • 21:30 自習(行政救済論の復習)
  • 24:00 就寝