HOME > 入試情報

  

入試情報:出願資格

出願資格

出願できる方は、次の各号のいずれかに該当する方であり、かつ、平成29年度に実施される法科大学院全国統一適性試験を受験された方となっています。
  1. (1)  学校教育法(昭和22年法律第26号)第83条に定める大学を卒業した者及び平成30年3月31日までに卒業見込みの者
  2. (2)  学校教育法第104条第4項の規定により、学士の学位を授与された者及び平成30年3月31日までに授与される見込みの者
  3. (3)  外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者
  4. (4)  外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者
  5. (5)  我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者
  6. (6)  専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者
  7. (7)  文部科学大臣の指定した者
  8. (8)  大学において3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、若しくは外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該外国の学校教育における15年の課程を修了し、本法科大学院教授会により、所定の単位を優秀な成績で修得したものと認められた者
  9. (9)  学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者であって、本法科大学院教授会により、本法科大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認められた者
  10. (10) 本法科大学院教授会において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、平成30年3月31日までに22歳に達した者