HOME > 教育・教員

  


福岡大学法科大学院から法曹への道

法科大学院の課程を修了することにより、法務博士の学位のほか司法試験の受験資格が与えられ、司法試験に合格し、司法修習を修了すると、裁判官、検察官、弁護士となることができます。本法科大学院では皆さんが将来、実務法曹として活躍するうえで必要となる能力を十分に修得することができるようにカリキュラムを編成しています。下位年次では、基本となる法的思考力の修得をめざし、基本法律科目を中心として配置し、法の理論教育を徹底して行っています。上位年次では、専門的な実務教育を展開しています。また、法の理論教育と実務教育とは、研究者教員と実務家教員とが連携を密にし、有機的に関連させつつ、それぞれの教育を実践しています。そして、本法科大学院では、課程を修了することが司法試験の受験資格となることから、一般的な水準を超えられるように、各年次において細やかに履修指導を行います。